ソルジャーの日記

平凡な学部卒サラリーマンの、平凡な人生への、平凡な考察

決戦1カ月前

 8.18の受験票が届きました。学習の進捗はいま一つです。『個別問題の解き方』は残り40題を残して1週目が未終。前回の記事更新から1題/日ペースです。サラリーマンの生活スタイルを所与に私の実力はその程度かもしれません。すると『個別』を10題ほど残して本番受験、『総合』は未着手ということになります。今年の受験後に腰を落ち着えて考える必要があります。本当に必要な資格は何であるか?シナリオは、

1.この資格からの撤退

2.科目はそのままに21年度再挑戦

3.科目を変更して再挑戦

4.科目を増やして再挑戦

ここで今年度の不合格を所与に思考していることに気が付きました。直前とはいえまだまだ1ヶ月あります。何とか『個別』を終わらせて当日は自分の実力を試すつもりで受験をします。私の人生は本当にぱっとしませんが、それでも強く生きて働いていくつもりです。稼ぐことを舐めていてはいけません。今のキャリアと親和性があるこの資格の取得に違和感はありません。この道に迷いはない。強く。