ソルジャーの日記

平凡な学部卒サラリーマンの、平凡な人生への、平凡な考察

人間観察?

you might be a big fish

in a little pond

doesn't mean you've won

'cause along may come

a bigger one

-Lost!, coldplay

同期がそれほど多くない会社ですし、部署の人数もそれほど多くありません。そうすると一人当たりとの接触回数が多くなるわけですが、他人とすぐに仲良くなることが難しい私のような人間は金曜日にもなるとぐったり疲れてしまいます。

 相手がどういう人かあらかじめ整理できていればストレスも多少軽減されるでしょうから、分析の方法を定型化・高速化したい。思い出したのが林先生(今でしょ)がどこかで言及していた『料理の四面体』です。

すべての料理を火・水・油・(あと何か)の四要素で分解するわけですが、これを人間観察に応用できたりしないかと思っていたりします。例えば愛嬌・好感度・不思議さ・意識の高さのように。しかし、人間をもれなくダブりなく要素分解して説明するための要素かどうかは不明です。f:id:redesafio:20200418150125p:plain