ソルジャーの日記

平凡な学部卒サラリーマンの、平凡な人生への、平凡な考察

20.3.27, 新居

 

 中止された卒業式の日にキャンパスまで学位記を受け取りに行くと、晴れ着姿の男女がふたり歩いていました。twitterでも

 門出を将来のパートナーと祝える幸せは至上のものかと思います。本当に羨ましい。

 私も、まずは自分に魅力がないことを素直に認めて、できることをやっていくしかありません。

 私の場合、両親から人生のこと、少なくとも(金, 仕事, 資産, 学歴, 人脈, 配偶者のような)高度な内容は教えてもらえませんでした。間違えるたびにげんこつされながら箸の持ち方を教わったような記憶があります。それだけです。そんな私は大事なことをtwitterエゴサーチで勉強してきました。 

 例えば今、結婚前提に交際する相手がいないことを深刻に捉えています。そこで、「結婚相手_from:kelangdbn」「配偶者_from:a_n_tokyo」とか検索をして勉強する、大学の4年間そうやって価値観を作ってきたように、こうやって勉強します。

 togetterまとめを発見しました。

結婚相手といつ知り合った? 〜 日本人の結婚事情 - Togetter

 私にのこされた出会いは入社同期でしょうか。みなさん彼氏いるみたいでしたし、社内の女性に彼氏がいるかどうか尋ねるのはコンプラ的に難しく感じます。

 

 他は社会人サー?ちょっと時間ありません。相談所サービスでもやはりどなたとも

お会いできていません(そもそも成婚率が10%ほどの世界のようです、大西明美さん談)。男女の人数比的に男余りのなか、私もどうやらここまで余ってしまったようです。