ソルジャーの日記

平凡な学部卒サラリーマンの、平凡な人生への、平凡な考察

もう一つ上のひな壇

 タイトル、もともとはブログ名にしようかと思っていたものですが、ちょっとこじれている感じが不快な気もして辞めたものです。

 

 大学時代にtwitterにはまった私は、社会人アカウントのツイートを読むことで実家では気づかなかった社会の格差を知りました。社会はさながらひな壇のようなもので、それぞれの段差には隔絶があるように思います。

 

 そんなことにくよくよしながら、結局のところ私は怠惰でした。士業系の資格を取ることもせず、留学も結局行かず、TOEICスコアは800未満、体育会やサークルや大人数ゼミで人脈を作ることをしないまま迎えた就活は最終面接不採用の連続でした。そんな時にあてもなくDMで相談のかたちの愚痴を送りました。あて先はフォロワー2500人ほどのツイッタラーです。アカウント名を伏せて画像をアップします。

f:id:redesafio:20200321052648j:plain
f:id:redesafio:20200321052704j:plain
f:id:redesafio:20200321052718j:plain
f:id:redesafio:20200321052748j:plain
大切にしている画像データです。希少な時間を割いて具体的に教えてくれました。

 

 このDMは私の宝物です。私は先方のお返事を繰り返し読んで、価値観を丸ごと内面化しています。大学で将来の配偶者を見つけることはとうとうできませんでしたが。

 

 その後内定を取ったことと院進を見送ることはまだ連絡できていません。不義理のような気もしますが怖いのです。この方の資産と収入、学歴と知識と人脈、透徹した人生観とはっきりした物言いの凄みからにじむ、ポテンシャルと努力のレベルは私の凡庸さを恥じずにはいられません。

 

 今でも時々ツイートを拝読しに行っています。いつかアドバイスを役立ててひな壇を登ったら、直接お会いしてお話してみたいです。