ソルジャーの日記

平凡な学部卒サラリーマンの、平凡な人生への、平凡な考察

2回目のJCPTA受験

 昨年受験したJCPTA(簿、財)は両科目とも不合格でした(得点は順に38、28)。試験前日までにTACの対策テキストの個別問題すら解き終わらず、総合問題対策や模擬試験未経験で挑戦したのですから当然の結果といえます。今年も受験願書を提出し、今日まで可能な限り対策を進めてきました。

 

 仕事の要領が悪く簡単な資料の作成すら時間がかかってしまうため、平日に通勤時間以外の勉強時間を確保できず、週末に机に向かうだけです。簿記1級と合わせた商業簿記分野の勉強時間が720時間を超えた状況です。しかし仮に、私が税理士試験に合格するために2,500時間必要として、うち2科目は単純計算で1,000時間のはずです。今日は2021年5月29日、試験まで残り80日ですから3.5時間/日と平日の勉強時間を確保しない限り数字を達成できません(そして私は、日商簿記2級に合格した時の経験から自分が合格者平均よりも多い時間を要すことを知っています)。

 

 今年は科目を増やして3科目受験します。資格を有していても歳を重ねてしまえば転職が困難なためです。

 

 大学受験で第一志望校の不合格が決まってから、浪人させてくれない親を恨みましたが、JCPTAへの挑戦により浪人の疑似体験をすることになりました。去年の私が欠いていた焦燥感の苦しさを感じる日々です。

 

雑文

 電話でしか話したことがない人も社内にそれなりにいる中、内線で

「お疲れ様です、〇〇(私の名前)です」

と名乗ると

「ああ!お疲れ様です!」

と気持ちのいい感じの反応を下さる方がいます(異性、Aさんとします)。

 

 仕事の要求も上がってきた今日び、Aさんの声を聞きたいと思うことが増えました。業務上の要件がないのに電話やチャットしてもご迷惑でしょうから、別部署のAさんとのやり取りが生じる業務をひそかに楽しみにしています。

 自惚れかもしれませんが、もしかするとAさんも同じ気持ちになってくれているかもしれません。それくらい、電話口のAさんは感じが良いのです。

 

 業務でかかわる方の顔を知らないのは、コロナ渦の一時的な状況なのか、それとも元からの体制なのか分かりません。しかし私はこのまま、Aさんに顔を見せたくないのです。

 私がモテない原因の何割かは顔であり、顔を明かしたら電話口のAさんの声のトーンが下がってしまうかもしれないと考えているのです。

 大した稼ぎも資格もスキルも信頼も、連絡をとる家族もなく、いま私が失って困るものは間違いなくAさんの声なのです。

 ですから私もAさんも今のままの部署で今のままのポジションで今のままの仕事をし、未来永劫緊急事態宣言が発出されていればいいのにと思ってしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

JCPTAの受験計画(10月27日更新版)

1.雑文                                 

社会人になって生活が落ち着いたらすみやかに配偶者を探すことを決めておりました。しかしそれを叶えることができないまま、気持ちの方が先につかれてしまいました。配偶者が現れない人生もまた一つの人生と思います。

 

2.JCPTA挑戦の感想

受験の手ごたえはありませんでしたが、とてもいい時間でしたし、業務にもいい作用を及ぼしております。しばらくまた一人で生きて、単調な生活の中で自分を見つめ直す所存です。20年以上自分を見つめることになってしまいますが、そう言う人生から何かを学ぶように神様が命じているのではないでしょうか。

 

3.計画

11月15日を起点に計画を立てます。まずはどれくらい8月の知識を忘却したか調査し、次いで『総合』→『個別』とします。3科目必達です。

 

 

 

 

JCPTA受験直前の振り帰りと今後の方針

 簿記1級の受験を目標にしたことは非常に良かったです。翌日起きてすることが決まっている、生きて飯を食うにあたり、当座の目的があるということは非常に嬉しかったです。友人も少なく彼女もおらず両親が離婚して以来きょうだいとも疎遠な私が生きる目的として、日商簿記1級はかけがえのない物でした。時間を測って問題を解く、最初は間違えても反復して時間内に解くことができるようになる。そのうちに1日の勉強時間が8時間を超えた時は非常に達成感がありました。怠惰で目指した栄冠を取りこぼし続けた私の人生に再起(redesafio)のための時間が訪れたような感覚になったものです。

 19年秋に1度目の失敗をして、迷わず再挑戦を決意しました。20年6月の試験はコロナウイルスの流行を受けて中止、代わりに受験申込したJCPTAの簿財の勉強も孤独な時間を埋めるために非常に有用でした。いつしか資格合格後の自分のキャリアアップまで思い描くことができるくらい、私は前向きで健康な人間になりました。

 JCPTA試験を目前に控えた達成度報告ですが、TAC出版簿記論『個別問題の解き方』は問87/99まで到達。一つの問題を時間内に解けるようになるまで何回でも反復するスタイルです。『総合』は未着手。財務諸表論も未着手です。

 当然このような達成度では合格の可能性は非常に低いですが、まずは受験をします。来年度以降も法所固の学習をしようかと思っています。主に1段落で述べたような理由です。

 誰か、この人を幸せにするために生きるという人、交際相手配偶者がいればそちらを私の生き甲斐にできますが、そちらは本当に難しい。マメに電話をした相手の口から別に自分と会いたいわけではない、投げやりな気持ちが伺えると興が冷めてしまう。長らく交際相手がいない間に性欲が枯れたのかもしれません。

 

20年7月の振り返りと8月の計画

 意中の人物のことを考えている時ははたして自分の心中はリラックスしているのか、それともそわそわしているのかどちらなのでしょうか。いまいち分析しきれません。

 7月末に久しぶりに連絡をとった人物と1日おきに連絡を取ったり、久しぶりに

食事をした時間は本当に楽しかったですが、数多の失敗から学んだ私は自分が楽しいだけではその相手との将来は保証されていないことを知っています。手を抜かずに丁寧に接待というかアピールをして自分が受け入れられる確信をもってから行動すべきです。こう言った、堀を念入りに埋めるような感覚は試験にも通じる点かと思います。あるいは私の仕事に足りないところかもしれません。

 

 さて、20年7月は五輪予定日の連休などを有効に活用し39時間の勉強をすることができました。学習範囲は計画比未達ですが、前向きな気持ちで勉強したいところです。

f:id:redesafio:20200801153956j:plain

試験まで残り17日です。

f:id:redesafio:20200801153935p:plain

7月は40時間に届かず。7月最終週の平日は勉強時間0分でした。

 

決戦1カ月前

 8.18の受験票が届きました。学習の進捗はいま一つです。『個別問題の解き方』は残り40題を残して1週目が未終。前回の記事更新から1題/日ペースです。サラリーマンの生活スタイルを所与に私の実力はその程度かもしれません。すると『個別』を10題ほど残して本番受験、『総合』は未着手ということになります。今年の受験後に腰を落ち着えて考える必要があります。本当に必要な資格は何であるか?シナリオは、

1.この資格からの撤退

2.科目はそのままに21年度再挑戦

3.科目を変更して再挑戦

4.科目を増やして再挑戦

ここで今年度の不合格を所与に思考していることに気が付きました。直前とはいえまだまだ1ヶ月あります。何とか『個別』を終わらせて当日は自分の実力を試すつもりで受験をします。私の人生は本当にぱっとしませんが、それでも強く生きて働いていくつもりです。稼ぐことを舐めていてはいけません。今のキャリアと親和性があるこの資格の取得に違和感はありません。この道に迷いはない。強く。

 

 

 

 

20年6月の振り返りと7月の計画

 学習時間のみならず学習するテキストも含めた計画が立てられるなど、栄冠へ前進した感のある今日この頃ですが、通勤と、必ずしもうまく行かない仕事と、孤独な人生への疲れは中々に大きいものです。

 先月末にテキストのページをKPIに設定しました。今月は『個別問題の解き方』を平均して(平時未達で土日に挽回するスタイルを念頭に)5問/日のペースで進める計画をたてて、記述などは勉強せず専従で勉強したものの、時間内に解いたものは頭から40題/99題、計画を大きく未達です。

 勉強時間を確保する大きな妨げとなったのはメンタル面での不調と睡眠リズムの乱れです。身体は疲労困憊しているにもかかわらず目をつむっても寝られない。自律神経の乱れでしょうか。大学受験期や大学時代の帰省時に母親にこの話をしたら(それは真剣な相談ではなく会話の中でちょっと触れるという感じでした)あんたは全然疲れていない、苦労が足りない、そういう内容の返事をされました。実際母は夕食後に大きめのマグカップにコーヒーを並々と注いで飲んだ後熟睡しているようでした。相容れない。

  7月は中旬以降にいよいよ受験票が到着する予定です。ラストスパートの1カ月、50日間かと思いますが、あまりにも学習教材が未着手です。時間の捻出は心の平穏と体調の安定からかと思います。

 個別問題の全問時間内解答→『総合問題の解き方』まで時間内に解答して決戦日を迎えられるでしょうか。まだ時間はあります。持ち前の呑気さ、鈍感力で焦らずに知識を学習し、集計力を向上したいです。

 7月の予算学習時間は90時間です。

 

f:id:redesafio:20200630193921j:plain

前月の学習時間を超えた達成感は大きいです。GWがあったにも関わらず、この勉強時間の5月は一体,,,